トップレシピ情報冷凍めんってこんなにすごい!冷凍めんなるほどQ&A安全・安心を保証 RMK認定マーク日本冷凍めん協会について飲食店・小売様向け情報

東京・代官山 「タラタラ・タラッコ」

東京・代官山 タラタラ・タラッコ

たらこパスタに最も美味しい麺を探し求めて出会った「冷凍パスタ」

2018年6月5日放送、TBSの人気バラエティ番組「マツコの知らない世界」で「たらこパスタの世界」を楽しくご覧になった方も多いかと思います。高視聴率番組で特に食べ物が出る回は人気が高いとか。

「マツコの知らないたらこパスタの世界」を案内したのは、米米CLUBのリーダー、BONさんこと、大久保謙作さんで、これも大きな話題でした。なんと、たらこパスタ好きが高じて、たらこパスタ専門店を出店!

米米CLUBファンの方々は、びっくりだったと思いますが、冷凍めん業界もびっくり、そして喜んだのでした。番組の中で大久保さんが、「麺はシマダヤの冷凍パスタ」と明らかにされたからです。
マツコ・デラックスさんの反応は、「この麺おいしい!」、イタリア人に食べさせたいということもおっしゃっていました。
ということで、お店にお話をうかがいに行ってきました。


大久保さん、山﨑さん

たらこパスタ専門店の名前は、「タラタラ・タラッコ(talatala・taracco)」。代官山の駅を出て数分、ビルの地下1階、「代官山地下グルメ街」という名前のフードコート内にあります。
最初応対していただいたのは、同店を運営するフードサービス業、㈱カッパドゥエチ(東京都目黒区青葉台)の社長山﨑美明さん。山﨑さんは、米米CLUBの元マネージャーですが、起業してケータリング事業、お弁当販売事業、外食店舗を運営されています。
フードコートスタイルの「代官山地下グルメ街」は、山﨑さんの発案。4店舗の外食店が入居できるように設営して、「タラタラ・タラッコ」はその1店。2年前にオープンする際、大久保謙作さんに「そういえばいつも、なんだかんだとたらこパスタ食べているよね」と声をかけたのがきっかけでした。大久保さんは同社の役員でもあります。「年間100食」というマニアックなたらこパスタ好きの大久保さんがメニューを考え、そして、ミュージシャンとしてのお仕事の合間に厨房にも立ってパスタを調理しています。

厨房の機械を調整していたので、、、とにこやかに登場された大久保さん。

―調理もされるのですか?!ファンの方は嬉しいですねぇ。
大久保さん

しっかりと勤務シフトの中に入っています(笑)。今日も朝練(米米CLUBのベース担当)してから店に来ました。

―「マツコの知らないたらこパスタの世界」で、麺は冷凍パスタを使っていると放送されました。ぜひ冷凍パスタを選んだ経緯や理由をうかがいたいと思い、参りました。
大久保さん

店のオープンが決まった2年前、何10種類も、ありとあらゆる麺を試してみました。幕張の大きな展示会にも行きました。美味しいこと、たらこパスタに合うこと、アルバイトでも美味しく調理できること、早く出せること、そして価格、という条件に合う麺として選びました。いろいろと試しているとき、冷凍めんが良いのではと思い始め、「そういえば代官山の近所にシマダヤ(本社・恵比寿)があるよねぇ。冷凍めんもあるんじゃないかな?」とシマダヤに電話してサンプルを取り寄せました。

―いろいろ試した末の冷凍めん選択とは、嬉しいですね。冷凍食材だと、あまりオープンにしたくない、というお店も多いんです。
山﨑社長

え、そんなの時代遅れでしょう。冷凍めんが、すごく美味しいことはみんなご存じなんですから。当社もケータリングで何品か利用しています。ほんとにすごく美味しいものが開発されていますね。

―ありがとうございます。実際にお店でお使いになっていてご感想は?
大久保さん

選んだ冷凍パスタは、太麺で生パスタのもちもちの食感。熱湯30秒とスピーディに解凍できます。クオリティが高く、誰が作ってもおいしく出来上がります。しかも、混んでいるとき多少ゆで時間が長くなっても大丈夫。一度、どれくらい大丈夫か試してみたのですが、2分30秒でも美味しい。本当に優秀です。

―「マツコの知らない世界」ご出演後の反響はすごかったのでは?
大久保さん

すごいですね。冷凍庫の在庫が間に合わないくらい。ちょうどテナントが1軒空いていたので、その冷凍庫を使ってなんとかしのぎました。
 そうだ、最近、通販も始めたんです。自家製のペーストを冷凍して、店で使っている冷凍パスタを5食分セットして、1日限定10セットです。

―お店の味が冷凍という手段で、時間も空間も超えて楽しめるわけですね。「冷凍」のメリットをここでも活かしていらっしゃる。この「たらこオブジェ」かわいいですね。
大久保さん

米米CLUBメンバーのギタリスト(BEさんこと林部直樹さん)の手作りです。あのゴミ箱も。何でも作るの得意なんですね。

―ところで本日は、お勧めのたらこパスタをぜひ頂きたく。

大久保さん一番のお勧めは、ペペロンチーノです。テレビではジェノベーゼの採用でしたけどね。辛いのは大丈夫ですか?

―辛さを選べるんですか、、、普通の辛さでOKです。

大久保さんノーマルですね(とさっそく厨房へ)。

―調理していただけるのですか!!!!

もちもち太麺とたらこは相性抜群!

―さすが、美味しいですね。たらこが絶妙。
大久保さん

美味しくて、リーズナブルに提供したかったので、どうにか良いたらこを安く手に入れられないかと、商社務めだった叔父に相談したら、築地の卸を紹介してくれて以来特別に取引していただいてます。最初伺ったら沢山の荷の中に、ポツンと小さな箱が置いてあってね(笑)、恐縮しながら受け取りました。

取材を終えて

美味しいたらことの出会い、代官山つながりの冷凍パスタとの出会い、評判の美味しいたらこパスタには、より良いものを目指して、美味しいものを食べて楽しんでほしい!、と願う大久保さんのアーティスト魂というか、情熱があふれていました。

「マツコの知らない世界」、事前インタビューが大変だったのでは?という質問に、「いやぁ日本酒のことを熱く語ったりしてね。それはそれで面白いと言ってもらったんだけど、やはりたらこパスタでってことに」とニコニコ。
大久保さんがフライパン振っていたら嬉しいからまた行きたい! たらこパスタを嬉しそうに見る優しい笑顔が見たい! すっかりファンですね。

TXT:山本純子(冷凍食品ジャーナリスト)

店舗情報

タラタラ・タラッコ(talatala・taracco)

〒150-0034 東京都渋谷区代官山20-20モンシェリー代官山 地下1階
「代官山地下グルメ街」内

会員限定コンテンツ

RMK教育アニメ

会員専用ページはこちら

冷凍めんに携わっている法人様へRMK会員募集中

おすすめコンテンツ

2020年パスタ料理カレンダープレゼント

MK認定冷凍めんパラパラ漫画

冷凍めん 名店探訪

冷凍めんレシピ

数字で見る冷凍めん